東芝とダイキンのエアコンとルームエアコンの比較について

ダイキンと東芝のエアコンを比較してみるとたくさんの違いがみえてきます。
まず、業務用エアコンや空調関連で有名なのがダイキンです。ダイキンは全メーカーの中で唯一、加湿ができるというエアコンというのがおおきな特徴となります。屋外の空気を取り込み、その中からきれいな水分子だけを取り出して加湿するというものです。また、ダイキン独自の技術によってフィルターに捕獲したダニ(ふんや死がいなど)やカビ、花粉などを強力に分解することができます。部屋の空気だけではなく、機械の内部にもそれを照射することでカビ菌やにおいの原因菌を分解したり除菌したりすることができるのです。機種全体の金額が高いのでも知られていますが、アフターサービスがとても充実しているのも特徴の一つです。24時間365日、コールセンターにつながります。
東芝のルームエアコンですが、いち早くpm2.5対応機種を出して空気清浄機機能に特化したことがとても有名です。東芝の一番の特徴はここにあります。pm2.5の除去です。静電気のプラズマによってウイルスやカビ、細菌、ほこり、花粉の除去もできます。あとは空気清浄機nだけの単独空気清浄運転も可能です。ダイキンとよく似ているとも言えますが、pm2.5に対応しているというところが大きな差となります。また、最新省エネエアコンは約30秒で高温風が噴きだしてすぐに部屋を暖めることが出来る機能もあります。冷房も25メートルというパワフル気流で冷風が届きます。

Just another WordPress site