ルームエアコンには100vと200vがあるけど、エアコンに違いがあるのか

新築を建てるとエアコン専用のコンセントは、100vと200vのどちらにしますかと聞かれます。
一般家庭では、100vを使用しているからイメージが湧きますが、200vって工場などで使われているイメージが強く違いが分かりません。
では、家庭用エアコンの100vと200vの違いってなんでしょうか。
ルームエアコンを取りつける部屋の大きさによりますが、大きな部屋に取り付けるエアコンは、容量の大きな物を選ぶことになります。
6帖の部屋に取り付けるぐらいのエアコンは100vで構いませんが、リビングダイニングは小さなエアコンの能力では足りませんから、大きな容量のタイプを選びます。
双方の違いは、パワーになります。
大きな容量のエアコンの能力を発揮させるためには、200vにしたほうが安定します。
電気代が高くなってしまいそうですが、100vと200vどちらでも電気料金は変わりません。
電圧が高い分、少ない電流でも稼働出来るので、効率が良くなります。
家庭内に使われる屋内配線の設置も100vだとバランスよく配線していくことが一番なのですが、なかなか全ての箇所のバランスを取ることは困難です。
ルームエアコンに200vを使用することで、上手にバランスを取ることが出来るため、電力計算の無駄を削減することが出来ます。
ルームエアコンの取り付けでどちらにするか悩んだときの目安ですが、14帖以上の部屋に設置する場合は200vにすることをおすすめします。

Just another WordPress site